あんたが建ててくれるお墓やから・・・

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

あんたが建ててくれるお墓やから・・・
今日も桜下庭園樹木葬を見学に来ていただきました

お父様を亡くされたお母様と娘様です

(母)これでいいよ・・・
お父さんと2人で入るんやから・・・

・・・あの~、十分と思いますが

(娘)でもお母ちゃん立派な石碑要らんの?
お父ちゃんに相応しくないと思わん・・・

・・・立派な石碑を建てる事だけが供養と違いますよ

(娘)お父ちゃんは人一倍、面子を大事にする人でした
葬式でも立派にお勤めしたんです

・・・じゃあ、家族のお墓建てはりますか

(娘)でも娘2人だけやし・・・
後、だれが入るんですか。守れないしね・・・

・・・そうですね、皆さんがお悩みですね

(母)でも、あんたが建ててくれる墓やったらなんでもいいよ
お母さんは、お父さんみたいに見栄張りじゃないから

(娘)位牌はどうするの?私たちが守るの?

(母)娘しかいない家はどうすればいいですか?

・・・お母様がご存命の間は、お母様が祀ってください
・・・でもお母様の位牌をもらう事は一考されたほうがいいです
・・・嫁ぎ先の仏壇に、他家の位牌を持ち込めないですね
・・・手元供養という手もあります

結局、決りませんでしたが・・・
また来る事を約束に帰られました

お母様からすれば、娘の気持ちが嬉しかったんでしょう
きっといいお墓を建てられると思います

 

7人分の埋葬予定があります

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

先週、来園頂きましたお客様
いろいろ訳があって、桜下庭園樹木葬をお求めです

7人分の埋葬予定があります

五人家族+嫁ぎ先の親戚です

・・・嫁ぎ先のご主人はどこに入られるのか?

訳あって・・・
主人とは別々に・・・
私は妹と・・・

・・・わかりました。
・・・そういう方は多くおられます

今回、話を持ち出したのは私です
普通の家族の墓建ててもどうするのか?

後はいますが、全部のまとめて見られません
できれば、後に負担を残さないように・・・

・・・お気持ち立派と思います
・・・多くの方がお墓の供養で悩んでられます

いろいろと
何かほっとしました
ご無理申し上げてスイマセン

・・・いいえ、何も無理ではありませんよ
・・・家族の事を想われての事ですから

ありがとうございました

桜下庭園樹木葬が相応しいお墓です

今回はこの女性が墓守さんでした
女性が決める事には無理がないですね

 

先に逝った妹のお墓を建てようと・・・

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

先に逝った妹のお墓を建てようと・・・

今日も桜下庭園樹木葬にお問合せいただきました

妹のお墓を考えて桜下庭園樹木葬を見に来ました
父親は健在ですが、母とは離婚しておりお墓に一緒に入りません
父親と妹だけのお墓になると思います

simai.jpg

・・・ご愁傷様でございます。
・・・順番をたがえる事は辛い事ですね

私は嫁いでいるので、夫と一緒の墓を考えてますが
父が娘を供養してやりたいというので・・・

・・・そうですね
・・・ちゃんと墓標に名前を刻んで納めてあげないと

父親は立派なお墓を建てたいようです
でも後が守れないから・・・
私達夫婦にも子供はいないし、どうしたものかと?

youhi1.jpg

・・・そうですね
・・・供養は遺族の気持ちの問題やからお墓もありですよ
・・・妹さん・お父さん・ご夫婦、4人のお墓でもいいですね
・・・でも家名を2つ刻む両家墓とか、絆と彫って家名なしとか
・・・最後はメモリアル公園の永代供養を頼まれたらいかがですか

ありがとうございます
父の事考えると、家族の墓を建てて・・・
最後に永代供養のお願いをしようかな?

・・・難しいお話ですね
・・・でも何時までもお骨を家において置く事はすすめません
・・・お骨があると何時までも喪中になりますから

ご主人交えて、家族会議して下さい
大事な事は故人様を供養する気持ちです
きっと、心落ち着く話にまとまると思います

 

秋晴れの快晴での納骨でした

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

秋晴れの快晴での納骨でした

10月の始めの日曜日に納骨がありました
芝生墓地の代々のお墓の納骨です

ご親族が集まられて、お供物を積んでお花をさして、飾り付けをします
ご僧侶の指示のもと、除幕をします
(最近は前日にサラシを巻いて置くことが多いです)
後、ろうそく、お線香、焼香の準備をして
僧侶に開眼法要のお経を頂きます

後、お施主様にお骨を納めてもらって、石棺を閉じて
お経と順番に焼香が始まります
芝生のお墓では、本当に気持ちいいです
子供さんも芝生の上では楽しそうです

http://livedoor.blogimg.jp/memohan/imgs/d/9/d970e443.jpg

毎年、気候のいい10月~11月は納骨が多いです
でも、納骨経を頂かない、僧侶を呼ばない納骨も増えましたね
これも時代の流れなんでしょうか

でも、読経を頂くと少し心が落ち着きます
お墓では先祖に語りかける事ができます

「お母ちゃん、お経をもらってあげたよ」

お彼岸などの供養会には
墓前読経(志経)を頂く事もできます

お彼岸やお盆のお墓参りの時に志経を
頂く事も、心落ち着きます

安心できるお墓と葬儀・・・
京都天が瀬メモリアル公園からのご案内いたします

 

献花台がお花でいっぱいになります

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

10月になりました
9月はブログ、なかなか更新できませんでした

8月のお盆供養・9月のお彼岸供養・・・
法務がたくさんあります

9月には葬儀の説明会をさせて頂いて
数組の方が、生前でのお申込みとなりました

多くの方が、葬儀の事で悩んでられます
ぜひ一度、相談下さい

お墓・葬儀の事で、安心を得て頂く事が寺の仕事です

9月も墓参の方でいっぱいでした

献花台がお花でいっぱいになります

桜下庭園樹木葬の旧区画には献花台があります
お花を置いて参拝いただきます

 

kenka2014-1kenka2014-2

たくさんのお花が置かれます

E-プレートのエリアは墓前にお花が置けますので
自分のお墓だけに献花されます

kenka2014-3kenka2014-4

お参りご苦労様でした

安心できるお墓と葬儀・・・
京都天が瀬メモリアル公園からのご案内いたします

お客様が墓守ですね

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

お客様が墓守ですね
京都は9月に入ってもまだまだ暑いです

今日も来園頂きました
関東圏からです

もともと京都の出身で、両親の墓が京都市内にあります

そこにはご先祖様がたくさん入ってられます
京都でも人気のある境内墓地です
そこのお墓じまいをされて、改葬される予定です

keisouzenin2.jpg

ほっておけば無縁墓になりますね

・・・そうです。特に人気のある墓地は処理が早いです

それはどういう事ですか

・・・大規模の墓地はほっておいても売る場所はいっぱいあります
・・・でも小規模の寺院墓地、特に人気のある墓地はすぐに売れます

なるほど、そうなんですか
でも、先祖のお骨はほっておけないし

・・・そうですね。立派なお考えです
・・・今回はお客様が墓守ですね

墓守って男性の事じゃないんですか

・・・違います。男女はといません
・・・墓守とはお墓を守るだけではありません
・・・ごちゃんと先祖供養ができて、墓の事を決める方をいいます

じゃあ、私が墓守です
桜下庭園樹木葬でお世話になりたいと思います

sakura_20130630135344.jpg

 

墓守は男女関係ないですね。女性でもちゃんとされます
立派なお考えです

お姉ちゃんを納骨します

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

お姉ちゃんを納骨します

暑い中、昨日も納骨がありました
きれいなお姉さんの遺影を持参されました

ダイスキだったお姉さんの納骨です

simai.jpg

桜下庭園樹木葬の区画を購入頂いております

お姉さんはずーっと独り身で亡くなられたそうです
妹様が看取られて、ご自宅にずーっとあったそうです

お姉さまは、いつも妹様の事を気にかけておられて
臨終間際まで、妹様の事を気遣いされてました

「姉はお花が大好きだったので・・・」
「桜下庭園樹木葬の区画はお花がいっぱいと聞いてます」

・・・ありがとうございます

「ここで献花をして拝むんですね」

・・・そうです
・・・お彼岸なんかは、あふれるほどのお花があがります

kenka_20130727142547.jpg

「ここに決めてよかったです」
「姉もゆっくり眠れると思います」

・・・永代供養のお勤めもございますので、ぜひご参加下さい

女性はいつも優しいですね
気候のいい時に、お墓参りして下さい

こんな相談を頂きました。九州に先祖のお墓が

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

京都は37度の猛暑です

こんな相談を頂きました。

*******************************************

九州に先祖のお墓があるのですが
遠いので、こっちに移してと考えるのですが・・・
二人姉妹なので・・・どうしたらよいよか迷っています。
母親は他界して九州のお墓にいます。
父親が元気なうちに相談したいと思っています *******************************************

たくさんの方から相談を受けるお話です。

特に二人姉妹の相談も多いです。
ここで大事な事は二人姉妹にお墓が守れるかです。
二人とも嫁がれているので、当然嫁ぎ先の墓に入られます。
(普通であれば・・・)

新しいお墓を建てても、守りにくい事は明らかです。
じゃあどうするか・・・

通常のお墓を建てたい場合は割り切る事です。

このお墓は両親の供養で終わりにして、後は承継しない。

承継者がいなくなった時点で、
無縁墓にしてもらえばいいですね。

お墓の供養は50年と言われています。
50年分の管理費を準備しておけば、先祖供養はOKです。

しかし、こんな事をみすみすできるほど、
お墓は安いものではありません。

ならば初めから永久に残るお墓を建てればいいですね

例えば桜下庭園樹木葬はそのために
作られた夫婦のためのお墓です。

後は九州からお骨の改葬が必要です。
その時には役所に行かないとあきません。

後は、九州にある墓地の処分が必要です。
田舎にある先祖のお墓を処分する事はなかなか大変です。
でも多くの方が処分されて、
天が瀬メモリアル公園まで改葬してこられます。

墓石の処分費は一聖地25万円以上は見てください。

特に寺院境内墓地の場合はもう少しかかります。

相談頂いた二人姉妹にとって、
ちゃんと供養できる場所の確保と
九州まで行って改葬の手続きをしなければなりません。

たいへんな事ですが頑張ってください。
ご両親をちゃんと埋葬して供養すること。
仏教ではもっとも立派な功徳とされています

仏教に限らずとも人間として最高の善行やと思います

立ち直るきっかけになれば・・・

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

立ち直るきっかけになれば・・・

昨日も桜下庭園樹木葬のお問合せを頂きました。

早くして、息子さんを亡くされたお母様です。
瀬戸内海の地域からお電話頂きました。
息子様を亡くして、かなりの年月が経ちます。
まだお骨を納める事ができません。

身内からは早く納めなさいと言われてます。

・・・そうですね。お骨は自然に還るのがいいですね。

でも、今までお墓をいっぱい見ましたが なんか、
全部、商業ベースで、納める気になりません。
ずーっと、立ち直れないんです

・・・墓石で有名な大島石の産地ですから
・・・石屋さんはたくさんおられますよね。

桜下庭園樹木葬のホームページを見て気持ちが晴れそうです
ここなら、納骨させてもらってもいいかな???
私とこの子とで入ります。
主人はいません

・・・わかりました。お気持ちの許す所で決めて下さい
・・・どうしても、お骨が離せなかったら
・・・手元供養という方法もあります
・・・木製の地蔵の胎内にお骨の一部を入れて、
・・・家に置いてください

p_shouhin2
・・・でも、そのお骨は人に渡したらあきません。
・・・自分が死ぬ時に、一緒に火葬してもらって下さい。
・・・木製の手元供養だからできる事ですね

6d1ad475-s

可愛いお地蔵様ですね
この子と一緒にお骨になれたら幸せですね
優しいご提案ありがとうございます
考えて、また連絡します

・・・ありがとうございます
・・・子供様のためによりよい供養をしてあげて下さい
・・・良い供養とは心のこもった供養です
・・・形ではありません。
・・・遺族様が心落ち着く供養と思います

 

ほんと、順番をたがえる事は本当に辛いです
お母様の立ち直るきっかけになればうれしいです

母親がひとりのお墓を希望してます

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

母親がひとりのお墓を希望してます

お盆も終わり、少し静けさを取り戻しています

今日も暑い中、来園していただきました
桜下庭園樹木葬の25万円の見学です

暑い中、一通り説明させていただきました

母は一人で入りたかったんです
父とも、父方のお墓にも入りたくなかったようです
生前にここのお墓を調べていて・・・

・・・この桜下庭園樹木葬は承継をしません
・・・ですから、ひとりのお墓でも十分です

父はいつも「散骨してくれたらええねん」と言ってました
でも散骨もお金かかりますよね

・・・そうですよ
・・・今では海洋散骨しかありません
・・・どこかから海洋クルーズしないとあきません

できれば、父と母は別々だけど、並べてやりたいです
そういうご夫婦も多いですか

・・・そうです。桜下庭園樹木葬は2つ並べるご夫婦も多いです
・・・でも、お父さんは納得されますか

本人は本当に散骨してほしくないと思います
だって勝手な父親だったし、母が死んで始めていいました

otto.jpg

・・・結局、自分の骨なんか消えたらいいや。そんな話ですね

ありがとうございました
父親を説得して、並べて両親の墓を作ろうと思います

・・・暑い中、ご苦労様でした
お母さんの事を思う、優しいお嬢様でした