お叱りをいただきました

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

お叱りをいただきました

この写真はメジロです

ウグイスはこちらです

すいません

勉強不足でした

天が瀬メモリアル公園にはいっぱい野鳥が飛んできます

今は鶯の声がよく聞かれます

今日もよく鳴いていました

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

父親が「死んだら散骨でいいから」

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

こんな記事を見つけました

父親が「死んだら散骨でいいから」と言ってました
私は散骨に共感が持てません
なぜ、散骨なんでしょうか
本当に散骨しないとだめですか???

****************************************

hune
お気持ちよくわかります
できればどこかの永代供養を考えて下さい

村上は年間に何十体と納骨をします

お骨を大事にされるご家庭を見るとほっとします
理由はありません。お骨は家族の絆の証だから・・・
また遺族がちゃんと供養される気持ちを持っているから・・・

私どもメモリアル公園のスタッフも
お骨を大事に大事に扱わせていただきます

「わしの骨は散骨してくれたらええね」
そんなおっちゃんの本音は・・・
子供に負担をかけたくない。高い墓なんか買わなくていい。

そんな思いですから、ほかに方法が見つからなかったんでしょう
散骨なら安いだろう。遺族に負担が残らないだろう

確かに今までの葬送は営利目的が大半でした
墓所も高い・墓石も高い・後も管理費がかかる
そんな業者都合の葬送しかなかったんです

だから「お墓要らない=散骨」になったんですね
遺族の目の前からお骨が消えればいいんだ
そんな思いですね

でも大きな理由もなく「散骨してくれたらええんや」は
ほんとやめてほしいと思います

散骨は合法ではありません。違法でもありません
でもその散骨という葬送に真正面から向った法律はありません

でも、これだけは理解してほしいと思います

身内の遺骨のパウダーを公共の場所に撒いてもいやな思いはしません
でも他人の遺骨のパウダーが公共の場所に撒かれたら、あなたはどう思います
誰もいい気持ちはしないですよね

ご遺族がいつも大事に大事に扱われるご遺骨が、
散骨という愚行で他人からは忌み嫌われるものになります

そこに、残念な思いがしてなりません

一生懸命生きてこられた方のお骨ですよ
大事に供養してあげてください

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

散骨場建設で住民とトラブル

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

村上のスクラップ記事から

19日の夕方のニュース番組で・・・
***************************************
静岡御殿場で
自治体は禁止条例を制定し決着
業者側は「工事は一時中止している。今後どうするかは白紙」
あるブログから
地域住民も反対しているようなので、市の対応は当然でしょう。
陸の上で散骨場を営利事業として手がけるというのは、
御殿場に限らず、全国どこででも困難な時代が続きそうです。
節度ある散骨を
・・・葬送の自由を勧める会長も意見
*************************************************

TVの映像から見ると住宅地に隣接した場所に
涅槃像の石像がありました
その横に植栽があり散骨場所が映ってました

木の下に散骨するようなプランですね

散骨については法律上は何も見解がありません
散骨について真正面に取り組んだ法律もないのです
墓地埋葬法は墓地以外での埋葬や「焼骨の埋蔵」を禁じています。

墓地を経営できるのは自治体、宗教法人と公益法人だけで、
許可権限は市長にあります

だが、散骨場は法律に規定がない。
ですから業者は場所を考えずに散骨をするスペースを作れば儲かる

実際の金額は散骨する1区画に何十万円もかかります
当然、地域の方は怒りますよね

御殿場は富士山のふもとのきれいなところと聞いています
「周りで生活する人間にとり、骨をまかれるというのは
気分の問題として受け入れられない。
農産物の風評被害やイメージ悪化による資産価値の減少なども心配」

そんな意見が飛び交っています

先日の村上のブログ・・・

父親がサイパン沖で戦死した戦友と同じ所に帰りたい
そのために散骨してきた・・・こんな事を書きました
そのご遺族は故人の遺志をかなえてすばらしいと思いました

saipan

しかし・・・

こんな営利目的の散骨場に故人のお骨を撒いて遺族は本当に満足しますか?
村上はそこが知りたいです

そんな散骨場で本当の供養ができるのでしょうか

村上が思う供養とは
やはり遺族が安心できて、気持ちが落ち着く事やと思います
お墓は必ず家族が帰ってくるところです

「目の前からお骨がなくなればいいや・・・」
そんな思いだけであれば別ですが

自然と手を合わせて故人を偲んで拝みたくなる
「ここに納めてよかった」
「故人もきっと喜んでくれてるよ・・・」

そんな会話の聞こえる葬送が一番です

天が瀬メモリアル公園の経営母体は歴史ある宗教法人です
年に4回も永代供養のお経があがります
お墓参りはいつでもできますよ

 

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

分家ですが、開眼法要は必要ですか?

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

分家ですが、開眼法要は必要ですか?

よく相談される内容です

まず、一般的な事を書いておきます

墓石を建立したら、一番最初にする事・・・
墓石に魂を入れる開眼法要(かいげんほうよう)を行います。
お墓に限らず、仏像や仏壇、仏画、位牌、墓石などは
すべてこの儀式を経てはじめて霊験あるものになります
つまり魂を入れない墓石はただの石にすぎないです

一般的に、こう言われています
そうですね。立派なお墓を建てられたらして欲しいですね

しかし、強制ではありません
宗教の違いや、無宗教の方にとって不要な事です
お墓は、お骨を納めるだけのスペース・・・
そう考えたら、宗教儀式はまったく関係なくなります

でも、どうでしょうか
最愛のご両親・身内を納める時、
せめてお経を上げたいと思いませんか

村上はいつも言うのですが
供養は遺族の気持ちの中にあります
「お母ちゃん。今日は納骨のお経を詠んでもらったよ」
「ゆっくり、休んでね・・・」
・・・そんな気持ちになったら心落ち着きますよね

故人を偲んで、手を合わせるだけでも十分なんですが
お経を頂いて、ちゃんとお勤めをしましたよ
ちゃんと供養しているな・・・と思える事が幸せです
そうして、日々平安に暮らせれば、もっと幸せです

なんか宗教的な話になりましたが・・・
お経をもらうかどうか悩むのであれば、もらってください

後で思い出した時に、きっと良かったと思われますよ

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

位牌の処分(じゃなくて位牌の供養)

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

位牌の処分(じゃなくて位牌の供養)

父が亡くなり、永代供養してもらおうと思っています
位牌が残っています。仏壇も買っていないので
処分したいと思います

***********************************************

ほんと、最近よく質問されることですね
仏壇を持たないご家庭がたくさん増えてきて
位牌の置き場所がないんですんね

満中院(49日)までは喪中ですので
祭壇を設置して、お骨・位牌などをおきます
お線香・ろうそく・おりん・お花・供物を置いて
廻り行灯を両サイドに設置して
お参りの方をお迎えします

butsudan_img1_04
しかし49日が終わり納骨の段になると
祭壇も片付けてお骨も納骨して仏具も片付けます
仏壇があれば、全てそこに入ります

しかし仏壇がなければ位牌の置き場に困ります
で、位牌を処分しようか・・・?となります

「位牌は処分と言わないで下さい」

お位牌は白木ですか、塗りですか
白木のお位牌については、納骨される先にお願いしてください

sp2

しかし、塗りのお位牌はちゃんと供養しないとあきません
位牌はこれを頂いた菩提寺にお布施をつんで
永代供養してくださいとお願いすることです

仏法では、お位牌もお墓も同じように扱われます
塗りの位牌は魂が宿っているとされますので
大事に扱ってください

また、頂いたお寺様にもうご縁がない、または寺もない
そんな時は当寺にご相談下さい
宗派を超えて、抜魂法要して供養いたします

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

献体すると葬式もお墓も要らない(3)

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

献体すると葬式もお墓も要らない(3)

このテーマでブログを書いていると
ちょうど、義母の献体先から封書が届きました

会報誌のようです
定期的に届きます

村上はいつも思うんですが・・・
これはたいへんな作業と思います

献体先の機関として発行する義務があるんでしょうか
それは詳しくはわかりません

それ以上に、献体者の安否伺いの意味があるんかな・・・?
そんな事も思います

献体はご年配の申し込みが多いと聞きます
義母のように初めは志が高く申し込んでも
・・・ごめなさい。年寄りって、次の瞬間忘れてますから<(_ _)>

申し込みされた方が、忘れないかとか、もう死んでいないかとか
そんな事を勝手に想像してしまいます

また献体の希望者が増えている事で募集も減っていると聞いています
まずは献体先の機関に問い合わせから始まります
もう応募者がいっぱいかも知れません

献体する事で自分の遺体の処分をしてもらえる・・・???
もう少し、考えないとあかん事ですね

お墓も持つ必要がないんですかね
でも、遺族はそのようには思わないんですが・・・

49f55ce3-s

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

献体すると葬式もお墓も要らない(2)

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

献体すると葬式もお墓も要らない(2)

献体の場合のお葬式については前回に書きました

じゃ、お墓も不要ですか?

献体といえども、身内があれば遺骨は返されます
また、献体先によっては火葬後の拾骨にも立ち会えます

つまり献体できても、基本的にはお骨は戻ってきます
ご遺族にとっては安心できますね

しかし、一部の献体先においては
お骨の引き取り手のないご遺体に関しては
献体の方だけのための供養塔があるようです

ですから、名前もなく、この世から消えていく事ができます
なんかめちゃくちゃ寂しい話ですね

献体は本来、医学の発展のために自らの遺体を差し出す
志の高い方が多いのではないでしょうか
(村上の勝手な憶測ですが・・・)

でも遺族が少なくともお骨を預かられたら、
お骨納めをする場所は必要ですね。散骨なんかだめですよ

故人様は葬式の負担を掛けない気持ちで献体をするわけです
そういう方もおられます

せめて、名前の残せるお墓にしてあげたくないですか
桜下庭園樹木葬には、故人の名前を残せるプレートがあります

2015-5

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

献体すると葬式もお墓も要らない(1)

 

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

献体すると葬式もお墓も要らない(1)

ネット上でこんなテーマを見つけました
ご年配の女性が書いておられるとても面白いブログです
葬式は確かにそうなんです。

1f6ebbc2-s
村上の義母は献体を申し込んで、もう10年ほど経ちます

申し込み当初は、何が何でも献体して、社会に役立ち
ひいては、遺族にも葬式の負担をさせたくない。

そんな思いから、同意書にもハンコをつかされました

でも村上の仕事は両親を送る事が仕事やから
献体でもいいから、ちゃんと家から送り出したい・・・

そんな事をしゃべっていると、思いも薄れていくようで
最近では別にどうでもいいよ。パパの思うように・・・
そうなんですね

葬式は残った遺族のメンツなんです
だから献体でもいいから、とにかく葬式だけはしてあげたい

献体は葬式が要らないじゃなくて、できないんですね

葬儀社に聞くと、献体希望者の方もお葬儀があるようですが
最終、病院からすぐに献体先に遺体を運ぶ

一度も住み慣れた家に帰らずに・・・

村上は遺族として、それがつらいと思います

誰もいない独りの方にとって、献体という判断は一つの選択肢かもしれません
遺骨の受け取りも拒否できる献体先であれば、何も残せず消えていけます

でも、ほとんどが生前に身内の同意書が必要です

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東日本大震災物故者祥月命日法要が執り行われました

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

東日本大震災物故者祥月命日法要が執り行われました

公開が遅れました

3/11、東日本大震災物故者祥月命日法要が執り行われました

ご僧侶によるお勤めです

touhokusinsaihouyou
もう5年になります

touhokusinsaihouyou3
東北、特に仙台地域の方も
天が瀬メモリアル公園の桜下庭園樹木葬をお求めです

touhokusinsaihouyou2
納骨以降、どのようにお過ごしかはわかりません

復興もまだまだ時間がかかると思いますが
頑張って欲しいと思います

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浄土宗のお経を頂きました

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

浄土宗のお経を頂きました

今日は東京から納骨に来園頂きました
お母様の納骨です

メモリアル公園から紹介させて頂いた僧侶がお経を上げられました
浄土宗のご僧侶です

hounen
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏~

お経も終わり、御説法がありました
浄土宗はお念仏を10回、故人の事を思い出して唱えるそうです

10回には意味があって、まず故人のおでこ、次は目、
次はほっぺた・・・という風に、順番に思い出す事が大事だそうです

もともと、仏教には故人を弔うお経は一切ありません
私達の日常の生活のあり方、また極楽浄土のお話です

今回のご僧侶はこのようなお話をされました

納骨のお手伝いをしながら、いいお話が聞ける
これは、この仕事の役得かな・・・と思います

いいご僧侶に出会える事も、素晴らしい事と思います
お骨納めの時は、ぜひ、納骨経を頂いてください

◆◇◆エンディングノート無料ダウンロードできます◇◆◇◆

お墓を守れない方にとって、安心のお墓
●桜下庭園樹木葬のページ

よく管理された芝生の上に安心のお墓
●京都天が瀬メモリアル公園

お骨を離せない方・・・木製の手元地蔵
●自宅供養品と厨子BOX

あなたの宗派の寺院でお墓を探します
●京都で寺院墓地のご案内

京都の各駅から徒歩10分にお墓があります
●京都で駅前墓地のご案内

ご自信の最後を誰にも託せない方、他人の最後を看る方に

●火葬式から拾骨・永代供養墓に納骨

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇