京都天が瀬メモリアル公園の年忌法要


メモリアル公園 供養の相談

年忌法要

天ヶ瀬メモリアル公園での年忌法要・各宗派のご僧侶を手配できます。瑠璃堂の本堂ができました。従来からの水晶の間も利用頂いて年忌法要のお勤めをしてもらっています。
年忌法要とは故人を偲んでお経を頂く事です。喪中(49日)が開けて、100カ日もすんで、初年度が1周忌・翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的です。お勤めは僧侶にお経を頂くのですが、仏壇の前でするのが正しいです。故人の事だからお墓でされる方がおられますが、基本、違います。ご本尊のあるところ、仏壇や寺の本堂でお勤めするものです。ですから、家の仏壇・仏間で執り行って下さい。
しかし、近年、仏壇の無い家も増えました。京都天ヶ瀬メモリアル公園では仏壇がないご家庭でも、本堂をご利用いただけます。浄土真宗・浄土宗・真言宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗や信徒様、全ての宗派の僧侶が当方より手配ができます。菩提寺のある方でも、利用料はかかりますが、ご利用できます。

開眼法要

天が瀬メモリアル公園で家族のお墓を求められた方,開眼法要(建碑法要)をされます。お墓を建てる事、これは立派な功徳です。また、お墓は家族繁栄の証ですので、多くの方に見せないとあきません。いわゆるお披露目です。親戚呼んでみんなに見てもらってください
開眼法要の前日には白いさらしでお墓を巻いておきます。除幕式でもあります。その時に僧侶が入ってお経を詠まれたらいいですね。開眼法要(浄土真宗では建碑法要)はオショウネ入れ(入魂式)・・・ややこしいですね。魂を入れる供養とされています。ちゃんとお勤めされたら、きっと親戚にほめてもらえますよ。・・・お墓を建てる事は、立派な仕事です。同時に納骨経を頂かれる事、おすすめ致します。

位牌の供養と納骨経

納骨経について
お骨納めされる時には納骨経が詠まれる事が多いです。開眼法要と合わされる事も多いですが、立派なお経です。絶対に必要ですか????いいえ、そんな事はありません。強制ではありません。仏縁のない方にとって、お経はまったく価値がないです。お経の内容は一般の方はまずわかりません。意味のわからん「南無・・・・・なんとかかんとか」・・・でも、ご両親をお骨納めする時、「お母ちゃん、ちゃんとお経もらったよ・・・」。そんな気持ちを故人に伝えてあげてください。故人に聞こえるかどうかは解りませんが・・・きっと、ご遺族がこころ穏やかになられると思います。またそんなあなたの後ろ姿を子供さん達は見てますよ。きっと、心のどこかにそのシーンが残ってるはずです。納骨の現場にいて気づく事があります。焼香の仕方も知らない若い親御さんが多いです。多分、焼香する機会が無かったと思います。別に恥ずかしい事ではありません。
いつも思うんですが・・・供養の仕方も子供に伝えるべき事と思います。関西では「まんまんちゃんあん・・・」といって子供達に手を合わせる事を教える風習があります。 供養は遺族にこころの中にあります。今できる範囲の供養をして、遺族が日々平安に暮らせる事。これが供養の気持ちです。 供養は共に養われると書かれます

位牌の供養について
仏壇を守ってきた両親が亡くなって、仏壇を開けると先祖の位牌がたくさん。先祖の位牌をどうするの・・・?私も他家に嫁いだ身だし、誰が位牌を守るの?処分できるものなら・・・ん~~~ん処分ではありません。お位牌の供養ですよ。メモリアル公園では位牌の供養も承っております。抜魂法要して、お炊き上げ供養を致します。村上に相談してみてください

墓じまいの供養

墓じまい
先祖代々のお墓が田舎にあります。ほったらかしたままになっていて、気になってしかたがない。このまま、ほっておくと無縁墓として処分される。ご先祖様に顔向けできないよ~ (;一_一)。でもこのままでは守る事もできないし。管理者も不在で墓所自体もどうなるか。なんとかしなければ・・・安心してください。
お墓・ご遺骨は引越しが出来るんです。でもちょっと資金と書類が要ります。 墓じまいに関わる費用は様々です。1聖地(90×90)の墓石・墓所が基準です。 通常であれば数十万円ですが、大きさや現場によって料金が大きく変わります。また寺院墓地と公営墓地でも料金は違います。お寺様といい関係を残すコツ、安く上げるコツがあります
墓じまいを考えられてる方は、後を守れない方も多いです。少し準備を考えましょう
墓じまいをされたら、後は先祖の永代供養が必要ですね。永代供養の仕方は様々です。永代供養はお寺様しかできない事です。
お骨はいずれ土に還っていきます。骨壷に入っていない限り、自然に還っていきます。問題はご遺族様の先祖を祀る気持ちの問題です。 放置する事が気がかりならば、必ずきちっと墓じまいして永代供養してください。永代供養については村上に相談してみてください。

納骨・開眼法要ギャラリー



分からない事は電話で問い合わせください



電話で問い合わせください
電話料金不要:スマホの方はそのままタップ
見学希望の方は、事前に資料を送付します
↓資料請求もこちらから↓

お墓の事は、まずほとんどの方が分りません
分からない事は電話が早いですね。
9時から8時まで村上が受信します

電話は得意じゃありません

電話問い合わせが不得意な方は、こちらにFAX用紙があります

A4で印刷して、FAX番号に送信してください。

パソコンのできる方、パソコンから資料請求が安心ですね
名前と住所だけで資料は届きます。電話番号は不要です




資料の中に、各宇治駅よりの、タクシーチケットを同封します
1100円分負担いたします。お帰りもタクシーか車での送迎です

タクシーで来園



村上のコメント

年忌法要とは故人を偲んでお経を頂く事です。喪中(49日)が開けて、100カ日もすんで、初年度が1周忌・翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的です。
お勤めは僧侶にお経を頂くのですが、仏壇の前でするのが正しいです。故人の事だからお墓でされる方がおられますが、基本、違います。ご本尊のあるところ、仏壇や寺の本堂でお勤めするものです。ですから、家の仏壇・仏間で執り行って下さい。
しかし、近年、仏壇の無い家も増えました。京都天ヶ瀬メモリアル公園では仏壇がないご家庭でも、メモリアルホールや多目的テントでお勤めをしてもらっております。2016年、春には、瑠璃堂が建ち上がります。
浄土真宗・浄土宗・真言宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗や信徒様、全ての宗派の僧侶が当方より手配ができます。
※菩提寺のある方のご利用はありません。菩提寺の本堂でお勤め下さい。また仏縁の無い方は、このような教えには準じません
Copyright(c) 2017-2027 光明寺参事村上. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com