先祖を祀る五輪塔

■おでんの形

五輪塔古代式

和型のお墓に興味はありませんか?よく古い墓地やお寺の墓地に行ったとき、傘があって、球体があって、四角い石碑を縦に積み上げた、まるでおでんの串刺しのようなお墓を見た事はありませんか?それが五輪塔です。約300年以上もの間、日本中のお墓の8割以上を五輪塔がしめ、『お墓』といえば五輪塔の事だったといわれています。京都の本山寺院の墓地に残された有名武将のお墓は全て『五輪塔』です。織田信長の父「信秀」・毛利元就・小早川隆景など墓が京都の本山の墓地で見る事ができます。

■五輪塔は最高のお墓

五輪塔こだたき仕上げ

五輪塔の形は『手に印を結び、口で陀羅尼を唱え、座禅をして心で瞑想をする、『即身成仏』の3つの修行の姿を表します。同時に亡くなった人がみな成仏・往生した姿と伝わっています。『五輪塔』のお墓を建てると、亡くなった方は極楽浄土に行けるとっても『ありがたい最高のお墓』とされています。また故人を仏様とし、極楽往生させる五輪塔は亡くなった人の魂をもっとも大切にするお墓であり、日本のお墓の歴史の上で大きな役割をしたんです。亡くなった方を偲び、亡くなった方の成仏を願う文化はとても日本らしい、やさしい文化です。

■宝篋印塔って

宝篋印塔の写真

宝篋印塔(ほうきょういんとう)は五輪塔と同様、古代中世を通じて盛んに造立されました。原型はインドのお釈迦様の墓であるストゥーパで、インド、中国、朝鮮半島を経由して日本に入った三国伝来の供養塔です。この塔の内側に宝篋印陀羅尼経(ごうきょういんだらにきょう)を納める塔ということから、そのように名づけられました。京都の寺院墓地でも見かけるのは少ないです。この供養塔にはお経の一文を彫刻される方が多いです。「一見卒都婆永離三悪道何況造立者必生安楽国」

■大事な事は先祖を祀る気持ち

先祖供養

子供の時期から親に連れられて先祖の墓参りを重ねていると、長子は跡取りとしての意識が育っていくものです。自然に先祖に対しての愛情を持つようになり跡をとるようになります。特に自営業や農家の人達は家業を継いでくれることが一番必要でしょう。あわせて先祖を祀ってくれる跡取りは必要です。サラリーマン家庭でも同じことだと思います。社会的に権威のある立派な跡取りが存在するそのことが、なによりの先祖供養になることであると言われています。親は子供たちの社会的活躍を祈らないはずはないのですから、それをカタチに表すことが大切なのです。お墓のイラストを検索すると必ず子供が描かれています。みなさん、気持ちは同じですね

■供養塔の写真

  

■手元供養お地蔵様プレゼント

墓じまい

天ヶ瀬メモリアル公園のお墓を申込みの方に、手元供養のお地蔵様プレゼント(1万円相当)。手元供養のために彫られた木製のお地蔵様です。納骨の時にお骨を一部残して、胎内にお骨を納めます。小さいお地蔵様ですのでどこにも置けます。携帯する事もできます。これで寂しさも少し和らぎますね。

■分からない事は電話で問い合わせ


電話で問い合わせください
スマホの方はそのままタップ
見学希望の方は、
事前に資料を送付します
↓資料請求もこちらから↓

白紙封筒希望の方も大丈夫



■電話は得意じゃありません

電話問い合わせが不得意な方は、
こちらにFAX用紙があります


A4で印刷して、FAXしてください。

パソコンのできる方、
PCの資料請求が安心ですね
名前と住所だけで大丈夫
白紙封筒希望も大丈夫



電車利用の方は送迎します
JR・京阪宇治駅・大久保駅
より当園まで送迎します
資料の中に、各駅よりの
タクシーチケットも同封!

タクシーで来園


■メモリアル公園からのお願い

見学の方、
お願いします


連絡なしで来ないでください
霊園では納骨が最優先です。
重なると、待つ事になります
説明をする私共、
待って頂くのは辛いんです

来園時は
必ずお電話ください


来園頂く道中でもいいです。
希望は前日がうれしいです。

説明を聞かれないと
もったいないです

墓は見るだけでは分かりません
供養の仕方は様々です。

みなさん、このような質問をされます。

資料請求の時に、お墓・葬儀・供養の悩み事を書いてみてください
みなさん、同じ悩みです
例えば・・・

●戒名って、本当に必要ですか?
●永代供養のお墓ってどうなの?
●父が買ったお墓は売れますか?
●納骨式で、お経は要りますか?
●納骨の時、いくら要りますか?
●年忌法要は誰にお願いすれば?
●無宗教で宗教がわかりません?
●葬式はどうすればいいですか?
●息子が転勤族で、お墓は無理?
●京都で散骨す場所ありますか?
●献体すると墓も要りませんか?

・・・様々な質問をされます。
大丈夫です。必ず返事を書きます




Copyright(c) 2017-2027 光明寺参事村上. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com