田舎の墓じまいは、その地との縁を切る事になります

樹木葬
アカメガシ

【お墓に関するお問合せ】

広島市街地の墓地に一族の墓があります。長年、転勤族で苦労しましたが、現在は京都在住です
年間数回墓参や維持管理に行きます。長男、長女共に転勤族でどちらも子供がいません。
田舎の墓の今後を含め、私たち夫婦・子供たち夫婦。すべて、うまくいくようなお墓をご教授下さい

【ご案内】

お問合せありがとうございます
京都天が瀬メモリアル公園:光明寺参事村上と申します

ご相談内容、確認いたしました。転勤族の皆様はほんと、苦労されておられます

従来は家督を継ぐ者がお墓を準備して、両親を祀り、後々、家族みんなが入るお墓として、
次世代に渡していったものです。

しかし、近年、家族墓の実態が公開されて、墓を守る事の難しさがクローズアップされてきました。

また、転勤族のご家庭は、「田舎の墓はあるけれど、守るのも大変・・・。
じゃあ、墓じまいしようか?でも自分達の墓はどうするの・・・?」
そんなお気持ちの方もたくさんおられます

しかし、墓じまいが絶対に正しい訳ではりません。田舎の墓じまいは、その地との縁を切る事になります。特に、地縁者がおられる場合、少し寂しいですね。
そんな時は、地元のご縁のあるお寺様に先祖の永代供養をお願いすればいいです。
墓石は終われてもいいと思います。墓石もそれで仕事を終えるわけです

【メモリアル公園よりの桜下庭園樹木葬のご提案】

墓じまいをして、遺骨を全て、出してきて、新たな供養を始める・・・そんなお家庭の方が多いです。

京都天が瀬メモリアル公園には、2人~6人のための永代供養墓があります。
桜下庭園樹木葬と申します。このお墓の特徴は6人までしか入れませんが、管理費は不要です。また、京都市内の寺院墓地にある夫婦の永代供養墓とは違い、規定年月後に掘り起こされる事はありません。半永久的な安心の永代供養墓です。

【芝生洋風墓地に家族のお墓】

京都天が瀬メモリアル公園の主たるお墓は芝生洋風墓地です。
その墓域は家族みんなが入れるお墓のエリアです。
永代供養墓とちがい、家族みんなが入れる事が安心ですね。

【お墓を守る方法】

家族墓はもともと、子供様・お孫様に守って頂くものです。
しかし、それができない場合、家族墓を求めても心配ですね。
放置されると無縁墓になり、処分されます。これは、天が瀬メモリアル公園も同じです。

1つは家族墓を建てられて、一定期間の管理費の先払いをする事ができます。例えば、50年間の管理費を先払いされたらいかがでしょうか?
1聖地の洋風墓所であれば40万円と消費税、墓石建立後、50年間は必ずお墓は残ります。
お墓の供養は50年と言われていますので、そのお墓は十分に仕事を終えるはずです。

・・・実際のやり取りさせていただいお手紙です

・・・ほんと転勤族の方の墓問題、苦労しますね
・・・問い合わせてもらったら、解決策はありますよ
・・・(村上の心の話)