娘1人、独身の義理の妹2人、墓じまい。

日蓮宗樹木葬

こんな問い合わせをいただきました

うちは、子供は、娘しかいないので、お墓の管理とかさせたくありません。娘も、嫁ぐ身なので。私達、夫婦は、樹木葬と考えています。主人は、長男です。義理の妹が2人います。どちらも独身です。そのため、お墓は、ゆくゆくは、無くしたいと、思っています。私たちが樹木葬にしたら、義理の、妹達はどうすればいいでしょうか。二人とも独身なので、結局はお墓を守っていく人がいなくなる現状です。菩提寺は日蓮宗のお寺です。

日蓮宗納骨式

以上のような問い合わせです。以下のように、お答えしておきました。

お問合せの件、今、お墓や供養の現場で、よく起こっている問題です。

お嬢様しかおられないご家庭はたくさんあります。
ちなみに担当者も娘二人です。ご夫婦2人は樹木葬でいいと思います。
ご主人は長男様といえども、ご養子様をもらわない限り、お客様のおうちは絶えます

そうです、近年、本当に「絶家」が増えました。絶家とは、名前が絶えて、相続者のいない家という意味とされています。相続は脈々と、世代を超えて行われます。しかし、家の名前はそうではありません。また、お墓や仏壇のように、長男が継いでいく財産もいつか、無くなります。もともと、墓・仏壇は財産ではありません。特にお墓は、祭祀権という権利こそ発生しますが、譲渡できるものではありません。

そんなご家庭にとって、家族代々のお墓はしんどいですね。みすみす、守れなくなっているのに、多額のお金を使って、大きな石碑を建てる。先祖供養には相応しい事です。しかし、お墓を建ててしまうと、嫁がれたお嬢様が面倒を見る事になります。
そんな苦労を踏まえても、お墓を建てる方もおられます

しかし、一般的には・・・
後を守らなくてもいい永代供養の樹木葬がふさわしいと思います。

そして、義理の妹様2人もそうですね。

近年、お墓は家族全員ではなくて、世代のお墓が増えました。、ご夫婦のお墓、妹様2人のお墓と、分けて考えると気持ちが楽になりますね。2人用の樹木葬を2区画、お求めになれば、心穏やかになれます。

墓じまいについて

先祖を祀っているお墓はどうしましょう?できれば、ご夫婦の代で、お墓を終うのが、お嬢様に負担を残さない方法です。役目を終わったお墓は墓じまいする事ができます。

墓じまいをして、ご主人様の先祖代々のお墓にある遺骨をどうするか?
お寺様に永代供養をお願いするのが、安心できると思います。永代供養の仕方は様々です。

今のまま、日蓮宗の菩提寺様にあるお墓に、夫婦で入って、妹様も入って、後をお嬢様に守って頂く・・・さすがに、これは、お気持ちが許しませんよね。お客様から始まる供養で、ご夫婦のお墓、ご姉妹様(2人)のお墓、後、ご主人様の先祖様の永代供養と考えていけば、負担は大きく減ります。もともと、日蓮宗のお寺は立派にお勤めをされます。ご先祖様は、菩提寺の永代供養が相応しいと思います

供養には法律もありませんし、正しい、間違いもありません。だから、一番、子供に負担の残らくて、自分たちも心穏やかになれる葬送がいいと思います

ちょっと前まで、子供はたくさんいたのです。だから長男がいるのが当たり前。でも最近は少子化で、お墓も供養も変わったんですね

担当者は、多くの方の供養を現場で見てきました。しかし、供養の形も、近年、大きく変わってきました。今回のご相談は、近年、すごく増えた問合せです。皆さん、同じ悩みをお持ちです。

メモリアル公園には、問題を解決できる供養の方法がたくさんあります。ぜひ、一度、見学に、来園下さい。墓を求めるだけじゃなくて、供養をお世話になる・・・そんな考え方が、気持ちを楽にしてくれます。