墓に入れる文字は

墓に入れる文字は

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

天が瀬メモリアル公園は洋風のお墓が多いです
お墓の正面には多くの文字を刻まれます

一番、多いのが「ありがとう」や「感謝」です
人生を振り返った時、多くの方にお世話になった・・・
亡くなったご両親に感謝する・・・
「感謝」には多くの意味がありますね

次に多いのは「絆」・・・かな
家族の強いつながりを感じます

後、「愛」「想」「和」「心」「笑」「風」・・・

いろいろありますね

お墓に家名を入れる事に対して一部の僧侶が異論を唱えてます
・・・・
お墓に刻む「○○家之墓」は家の看板と同じだ
石塔には「南無阿弥陀仏」などの唱題を刻む事でお墓がお浄土になる
各宗派の唱題を彫刻して、お経を唱えて、お墓の中の故人が成仏する

・・・・と説明しています

それも一理あると思いますが、宗教に拘らないお墓が増えた事も事実ですね

蝶が好きなお父さんのお墓

先日、桜下庭園樹木葬を購入頂いたご家族
亡くなったお父様がたいへん蝶がお好きだったそうです

桜下庭園樹木葬のプレートにも蝶のデザインを彫刻されます

京都天が瀬メモリアル公園に飛んでくる蝶
10年間通ってる村上の記憶をたどってまとめてみました

モンキアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
miyamakarasu
アゲハチョウ
アオスジアゲハ
aosuji
キタテハ(ツマグロヒョウモンかな)
アカタテハ
tateha

テングチョウ
tengutyo
コミスジ
モンキチョウ
キチョウ

ウラギンシジミ
uragin
ベニシジミ

などなど・・・
他にもたくさんの種類の蝶が飛んできます

亡くなられたお父さん、よかったですね