新聞の一面にこんな記事がありました

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

村上のスクラップから

京都新聞記事より
深層わがまち・・・わずかな縁・心のよりどころ

京都新聞の一面にこんな記事がありました

30代から独り暮らしの男性のお話です
一度も自宅に呼んだ事のない甥ごさんに最後を託す話です
「葬儀は直葬でいい」
「お墓は永代供養を頼んである」
「お金は心配要らないから」
「死後の整理だけお願いしたい」
甥ごさんも
「親切心や哀れみはない」
「頼られたからには応える」

・・・ほんと、こころ重い記事です

でも、甥ごさんがおられるだけでも良かったと思ってください

永代供養のお墓のお申し込みされる方には、
自分の最後をたくせる方がまったくない方も多いです

すでに介護施設に入っておられる方は
担当の職員さんや後見人さんに最後の処理をお願いされてます


延命治療の拒否→直葬→永代供養納骨→遺品処理の依頼
こんな流れが主流なのでしょうか?

すべてお金はかかります
でも、元気なうちに決めておく事で
少しでもこころ安らげばいいと思います

京都天が瀬メモリアル公園では昨年の瑠璃堂の完成しました
瑠璃堂での葬儀も始まりました

そんな中で、安心できる葬送のプランが立ち上がってます
寺が責任持って、お一人様を供養申し上げます

没後の火葬・収骨・葬儀・納骨・供養までお願いできます
それも生前中に、お願いができます。
夫婦して長く生きてこられた方にとって、連れ合いを残す事はつらい事です
しかし、その連れ合い様の最後を寺に託す事もできます

詳しくはお問い合わせください。

新年早々、こころ重い話でした

京都の人気墓地と天ヶ瀬メモリアル公園ページ