供養相談

お供養の事、詳しい方は少ないです。ほとんどの皆様が、親がしてきたから、親の先祖供養を見てきて、こうするものと、考えておられます。ここで、もう一度、整理してみましょう。詳しく、ご案内申し上げます。ご僧侶に聞くと、厳しい事を言われます。でも、ご自身でできる範囲で、お供養を考えてみましょう

年忌法要・追善供養

年忌法要のお勤め

追善供養とは、生きている人が亡くなった人に対して行う供養のことです。供養とは、死者の霊に供え物をして、死者の冥福を祈ること。追善供養は「毎日の供養」と、「年回忌の法要」をいいます。天が瀬メモリアル公園では年忌法要を執り行う事ができます。各宗派のご僧侶を手配できます。年忌法要とは故人を偲んでお経を頂く事です。喪中(49日)が開けて、100カ日もすんで、初年度が1周忌・翌年の二年を三回忌とし、七回忌、十三回忌と営むのが一般的です。お勤めは僧侶にお経を頂くのですが、仏壇の前でするのが正しいです。ご本尊のあるところ、でお勤めするものです。ですから、家の仏壇・仏間で執り行って下さい。しかし、近年、仏壇の無い家も増えました。仏壇がないご家庭でも、本堂をご利用いただけます。浄土真宗・浄土宗・真言宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗や信徒様、全ての宗派の僧侶の手配ができます。

建碑法要(浄土真宗)・開眼法要・お性根入れ

メモリアル公園では、家族墓を求められたご家族には、開眼法要(建碑法要)をおすすめしています。お墓を建てる事、これは立派な功徳です。また、お墓は家族繁栄の証ですので、多くの方に見せる事がいいのです。いわゆるお披露目です。親戚呼んでみんなに見てもらってください。開眼法要の前日には白いさらしでお墓を巻いておきます。除幕式でもあります。その時に僧侶が入ってお経を詠まれたらいいですね。開眼法要はオショウネ入れ(入魂式)といって、魂を入れる供養とされています。・・・お墓を建てる事は、立派な仕事です。

納骨経

納骨の読経

お骨納めされる時には納骨経を頂かれるご家族が多いです。お経は、絶対に必要ですか?と、問い合わせされます。いいえ、そんな事はありません。強制もありません。お経の内容は一般の方はまず判りません。「南無阿弥陀仏???」。でも、お骨納めをする時、「お母ちゃん、ちゃんとお経もらったよ・・・」。そんな気持ちを故人に伝えてあげてください。きっと、ご遺族がこころ穏やかになられると思います。またそんなあなたの後ろ姿を子供さん達は見てますよ。きっと、心のどこかにそのシーンが残ってるはず。供養の仕方も子供に伝えるべき事と思います。 供養は遺族にこころの中にあります。今できる範囲の供養をして、遺族が日々平安に暮らせる事。これが供養の気持ちです。

永代経・永代供養経

永代供養の読経

永代供養とは、菩提寺が、遺族に代わって、比較的長期の年月をかけて故人を供養する行為を言います。永代供養といえば、お墓の事と思われますが、お墓が無くても、故人のため永代供養をお願いする事ができます。一般的な永代経(永代供養経)は、期間があります。お寺には過去帳があって、檀家様の供養を承っておられます。一般的には春秋の彼岸・8月の盂蘭盆会。永代経をお願いされた故人のお名前を読み上げます。合同ではありますが、その方のために読経するのが、本来の永代供養です。また、お墓についての永代供養は、お墓での供養できない方、墓を守れなくなった家族に代わって、寺が遺骨を供養する事を言います。いずれにせよ、永代供養は安心できる事です。

志経・墓前読経

墓前読経

お墓の前で、故人を偲んで、読経をしてもらう事を、墓前読経といいます。また志経とも言います。志経とは、お彼岸・お盆の間に、僧侶がおられたら、あげて頂けるお経の事です。年忌供養や納骨経のように事前に決める事はありません。ご僧侶のおられる時に、気軽のお願いできるお経でもあります。格式ばったものではありませんので、気軽にお願いしてみてください。

供養の事は村上に相談下さい

お供養の説明会

供養の仕方・祀り方・永代供養の事など、天ケ瀬メモリアル公園と京都の各寺院のお墓に精通している村上が、現場の声を案内しております。宇治地域はもとより、各地で説明会を行っています。お気軽に問い合わせください。お供養の事は判らないのが普通です

天が瀬メモリアル公園・京都宇治で葬儀・永代供養