お墓を求めるのに、宗教心て必要ですか?

皆様の心配事・宗教

戦国武将のお墓

もともと、人を送る事に宗教は介在しなかったのです。古くは、お墓を持つというより、近くの集合場所に遺体を埋めて、そこに墓標を置いたのが始まりです。しかし、武士の家では違ったのです。武士は戦場で死んで、遺体・遺骨は戻って来なかったのです。奥さんが菩提を弔うために、五輪塔を建てて供養しています。宗教というより、寺院の力を借りたのでしょう。

故人の菩提を祀る五輪塔

民間資本(石材店)の霊園は宗教は関係ない

大型霊園は宗旨・宗派問いません

民間資本でできた郊外の大型霊園では宗教を問われる事はありません。お施主様が僧侶を手配するのも勝手。霊園の管理者は、どんな宗教行事をしても、関与しません。法事の時は、菩提寺のご住職と同伴で参られます。

宇治市営墓地
宇治市営墓地

寺は名義貸し

公益法人の性格上、その管理者に名義貸しをしている寺院はたくさんあります。しかし、基本的に、故人のお祀りに関しては、墓地管理者は一切、口を出しません。なので無宗教の方も多いです。公営墓地も同じです。特に公営墓地では、行政が一つの宗派・寺院と提携する事はありません。

墓檀家
寺の名義貸し

地域の共同墓地も宗教は関係ない

共同墓地は地権者が管理人

昔から地域にある、村墓地と言われる所も、宗教は関係ないです。地域の共同墓地なので、その地域に居住していれば、みんなが使えるのです。村墓地・共同墓地の管理は、地域の名士であったり、土地の地権者(複数もある)が多いです。

みなし墓地
共同墓地

共同墓地は管理者が変わる事も

しかし、その管理が手元から離れ、ある寺院の管理下に入ると、話はコロッと変わります。そのお墓での法要の場合、管理している寺院にお願いする事になります。近年そのような事例が多いです。墓地の管理は、永続性の高い寺院が管理しやすいのでしょう。

寺の管理下のお墓
寺の管理

寺院墓地では必ず檀家もしくは墓檀家になります。

墓檀家

お寺の中にあるお墓の事を、寺院墓地・寺墓地と言いますが、そこでお世話になり納骨をすれば、その寺があなたの菩提寺になります。心落ち着く事です。仏事の事で相談もできます。墓檀家とも呼ばれます。卒塔婆というお経の書いた板、お墓でよくお見かけます。

寺院内のお墓
寺院内のお墓

お寺との付き合いが始まります

お寺様との関係はそれだけではありません。檀家とは寺の運営維持を支えるという寺の構成員になるわけです。しかし、世間から聞こえて来る事は、仏事の事を強制するお寺様も一部あるという事です。「今時、檀家になるの?」そんな声が聞こえてきますが、お寺にお墓を立てさせてもらって、お骨も預かってもらうならば、・・・。お寺様との、ある程度の付き合いは仕方がないと思います。

永代供養
墓檀家様に永代供養

お墓と宗教の関わり(まとめ)

お墓を求める時に、宗教心は必要ではありません。しかし、お墓や樹木葬を求められる方は様々です。ご縁の薄い方のために、読経を依頼される方は少ないです。近い身内を納骨されて、熱心に墓参りされて、読経の依頼をする方が多いです。

読経の依頼ができます。
読経の依頼

お経を頂く意味

お経を頂く事が心の拠り所

お墓の前では、開眼供養(真宗は建碑法要)・納骨経・志経などが上がります。読経というのはご遺族様の、心の拠り所だと思います。お経を頂いたという事実が、自分の気持ちを穏やかにします。墓前読経が済んだ後、「お母ちゃん、ちゃんとお経頂いたよ」・・・そんな報告をされる事が多いです。お経を頂く事は、ちゃんとお経を頂いたという事実で、お経が心の拠り所になる事が多いです(村上の主観)

墓前読経
墓前読経

お寺の管理なら、仏教との関りがあります


お墓は、その墓地の成り立ちで、いろいろな形になります。しかし、墓地を運営・管理しているところがお寺であった事から考えると、宗教、特に仏教との関りがある事は仕方がありません。

納骨供養
納骨供養

菩提寺とは

菩提寺とは、先祖のお骨を預かっていただいている納骨施設のあるお寺のことです。お墓や納骨堂、近年では樹木葬でお世話になっていおる寺です。自分たちと菩提寺との関係は、先祖供養に関しては、宗派の作法に則る事になります。なので、葬儀や先祖の追善供養などは、そのお寺のお世話になるのが通例です。

菩提寺
菩提寺

お気軽にお問い合わせください。0120-482-038シバフレイエンサンパイ

お問い合わせ