ひとり葬と1人納骨

母親

近年、お身内のおられない、おひとりの方が増えました。私には、身内がいない。最後はどうすればいいのか?一人、自宅で死んだら、どうなるのだろう???そんな、不安をお持ちの方も多いです。誰が、最後を片付けて、弔ってくれるのだろう?遠い親戚はいるけれど、迷惑をかけたくない。皆さん、同じ思いです。でも、孤独死が怖い

孤独死するかもしれない

密葬・直葬

理想は、臨終前に、親族に手を握ってもらって、「ありがとう」「あなたのおかげで、人生、幸せやったよ」。。。自宅でも、病院でも、ドラマになるような、美しい光景です。こんな事は、遺族様の看取る気持ちが強くないとできません。また、多くは、病院から危ないから来て下さい。家族が見に行ったら、すでに息絶えていた、そんな事もあります。でも、これも幸せな事です。人間は、最後、必ず一人で死んでいきます。たとえ、施設に入っても、病院で息を引き取っても、同じです。心中以外は、一緒に死んでくれる人はいないのです。たとえ、60年、連れ添った配偶者でも、一緒には死んでくれません。仏教の教えに、後生の一大事、そんな法話があります。人間は、どんな立派な人間でも、ひとりで死んでいくんです。中国の王朝君主は、側室・従者を、殉死させましたが、今ではありません。つまり、人間、最後は1人で死んでいくんですね。

孤独死と孤立死の違い

これは、各自治体で、様々な定義づけがされています。全てが同じではありません。例えば、ある都市では「孤独死とは、誰にも看取られずに亡くなり、補助が無かった事で不本意に、一人で息を引き取る事。孤立死とは、社会からも地域からも絶縁・孤立した状態で、ひとりで死んでいく事」そんな定義があります。孤立とは、自らの意思で、身内と縁を切った事を言います。また、社会的に縁を切られたのかもしれませんが・・・。ひとり暮らしをしていて、自宅で亡くなっても、誰も気づかない。それが孤立死です。また、「孤独死とは一人で亡くなることで、孤立死は、一人で亡くなって長期間発見されずに放置された死」とも解釈されています。ひとり暮らしの方は、施設や病院に入らない限り、孤独死が、普通なんですね。自宅の場合、毎日、安否確認をしてもらえれば、安心です。孤立死のような、発見されない状態が長引く事の無いように、事前に、努力しておけばいいですね。後見人制度の利用や、養子縁組制度、地域包括センターなど、事前に手を打つことはできます。

孤独死・孤立死でも、供養してほしいですね

例えば、あなたが、何もしないで、自宅で孤独死・孤立死すると、何が起こるか知っていますか?自宅で亡くなった事が判明したら、まず、警察が入ります。検死した後、自然死であれば、あなたの血縁者を探します。これは戸籍を遡って、一番、近い身内を探します。それは、まったく疎遠の親戚にも及びます。とにかく行政は、故人の縁者様を探すのです。まったく縁がなかった、あなたの親戚に連絡がいきます。遠い親戚様も、関わる事を嫌いますね。そうなると、行政の権限で火葬されて、遺骨の引き取り手を探します。それも困難であれば、行政が管理する無縁さんのお墓に入ります。でも、誰もあなたのために読経する事はありません。あなたの人生の最後が、誰にも、受け入れてもらえない事になります。ほんと、寂しく、辛い事です

終活は、健康・お金・供養の3つの要素

おひとり様の終活が進んでいます。コロナで、ご年配の終活意識が変わったのでしょうか?「人間、いつ死ぬか判らない・・・・」そんな話をされる方が増えました。戦後、76年。高度成長期を経験して、自分の死を近くに感じる事が無かった、平安な時代でした。しかし、今回のコロナ禍・感染症拡大で、自分の死を意識し始めた方は、多いように感じます。終活は、健康・お金・供養に分かれます。その中の健康を維持する事・持ってるお金の事・・・この2つは、死ぬまで頑張る事が強制されます。しかし、お供養に関して、いい時代になっています。自らの葬儀・お墓・納骨・供養と、事前・生前に決めて、お金を託しておく事ができます。

ひとり葬と1人納骨

ご自身の最後の処理・火葬・骨葬・納骨を承ります。京都天が瀬メモリアル公園は、無量寿山光明寺という寺院が運営しています。光明寺は、岐阜・東京・千葉・京都・沖縄に分院を持つ、中規模の寺院です。歴史も400年を誇ります。そんなお寺が主催する「ひとり葬とひとり納骨」は、元気なうちに金銭を託す事ができます。お寺が、金銭を受託して、プールしておきます。納骨する場所も事前に決めておきます。亡くなられたら、病院からの電話一本で、すべてが動き出します。ご遺体の引き取り、安置、火葬、収骨、骨葬、納骨。後は当寺が、永代供養をさせていただきます。お客様の最後の事で、誰にも迷惑をかけたくありませんね。でも、寺ができる事はこれだけです。ご自身の金銭の精算・遺品処理は、誰かに託してください。

詳しい資料と、手順書を送ります

電話で問い合わせもできます

問い合わせのフリーダイヤル
天が瀬メモリアル公園・京都宇治で葬儀・永代供養