ここでしか聞けないお墓の裏話

墓地の違いについて説明します

墓地の成立ちにはいくつかあります。

  • お寺の敷地内にあって、全てお寺が管理している寺院墓地。
  • もともとは地域にあった墓地で、後からお寺の管理下に入った墓地。
  • 石材店の資本で造成された、公益法人運営・郊外型の大型霊園
  • 自治体が運営・管理する公営墓地
  • 地域の方の善意で運営されている共同墓地・村墓地
  • 墓地埋葬法が施行される前から、個人の敷地にあるみなし墓地

以上が、大きく分類されたものです。昔からある実家のお墓、普通に墓参りをいく事には、大差はありません。しかし、長くお世話になると、様々な問題が起こります。お寺様との付き合い・お墓の管理の問題・管理費の問題もあります。これから、墓地を探される方にご案内したします。

宗派が違うと辛い事もあります

墓地を探す時に、まず確認すべき事は、お墓を管理している団体の宗旨・宗派の問題です。公営墓地・民間墓地は、問題はありません。どの宗派でも入れます。無宗教でも大丈夫です。しかし、寺院内墓地、寺院管理の墓地では、気をつける事があります。よくある宣伝文句で、「宗派問わず」・・・これは仏教の宗派は問わないけれど、宗旨は問いますという事です。

宗旨とは、仏教・神道・キリスト教など、大きなくくりです。宗派は、その中の仏教だけの派閥です。つまり、在来仏教の信者様なら大丈夫ですという意味です。なので、寺院内のお墓には、キリスト教・神道の信者様は入りにくいです。また、仏教寺院のお墓は、管理者もおられて、安心はできるのですが、必ず、お寺との付き合いが始まります。故人様の追善供養、新たな葬儀などは、そのお寺様にお世話になる事が必要です。その時に宗派が違うと辛い事もあります。

改宗を強制される事もあります

宗派を改める事を改宗と言います。多くの方、宗教が決まる・改まるのは、男が一生で2回、生誕とお墓を求めた時です。女性は、結婚時に、配偶者の宗派に改宗される事もあります。つまり、お墓を求める際、諸事情により、改宗が強制される事は多いのです。

墓檀家という言葉があります。本来、お寺にお墓のある方は、檀家さんである事が条件です。檀家とはお寺の構成員であり、協力者です。一方、新しくお墓を求められる方は、墓檀家と言われる事もあります。墓檀家とは、お墓だけ、お世話になるという立ち位置です。なので、寺の行事にも積極的に参加する方は少ないです。しかし、お墓での供養をお願いする時、当然、お寺の宗派に準じた供養をされます。例えば、自身が浄土真宗の信者様は「南無阿弥陀仏」とお唱えされます。しかし、お世話になったお寺が日蓮宗であれば、お墓の前では、「南無妙法蓮華経」と唱えられます。気にならなければ、大丈夫です。改宗は、届けも何も要らないです。そのお寺様の供養の仕方に準ずれば良いわけです。

戒名のもらえ替えが起こります。

宗派替え(改宗)のお話を詳しく説明します。宗教法人は、自派の宗派を大事にします。その宗派の取り決めによって、その寺院の諸活動が決められます。読まれるお経も決まっています。ただし、天台宗だけは、法華と浄土系のお経を唱えます。朝題目、夕念仏と言われ、在来仏教の総元である天台宗だけが許される読経です。

しかし、一般的な寺院内墓地では、他宗のお経が読まれる事はありません。そのため、戒名の問題が起こります。戒名・法名は、その宗派のお寺から、授かるものです。だから大事にされます。しかし、法戒名を頂いたお寺と、お墓でお世話になるお寺と宗派が違う場合が起こっています。その場合は、一度、頂いた法・戒名を捨てて、お墓で、お世話になるお寺様から、新しい戒名を授かります。新たなお布施が必要になります。入山料とされます。世間には、戒名を2度、もらった故人様も、結構、多いのです。

寺院墓地を考える時は、宗派にこだわって下さい

公営墓地・民間墓地の場合、宗派を気にする事はありません。しかし、寺院内の墓地・寺院外の墓地でも、お寺の管理下の墓地の場合、宗派を調べて、そのお寺と付き合えるかを考える方が安心です。お墓を紹介してくれる業者は、お客様の宗派について、あまり関心がありません。宗派の事を配慮してくれない紹介業者に、全く関係ないい宗派の寺を紹介されて、苦労されている方もたくさんおられます。

どうしても、自分の宗派・親から引き継いだ宗派で、お寺の墓地を探したい場合、紹介業者に頼らず、自分で足を運ぶ事です。手間な事ですが、寺に赴いて、判断しましょう。石材店はそのお寺から紹介してもらえばいい事です。また、寺の門前に「新墓地募集」と書いてあるのを見つける事があります。

日本の在来仏教の大きな分類

在来仏教はたくさんの派に分かれています。大きく分類すると、4つ。

在来仏教 大きい分類

  • 浄土系・・・浄土真宗・浄土宗・時宗
  • 法華宗・・・日蓮宗・法華宗
  • 禅宗・・・臨済宗・曹洞宗・黄檗宗
  • 真言密教・・・真言宗

この4派、すべて、ご本尊・お経が違います。まずはそれを知る事です。実家の宗派を知らない方も多いですが、一度、調べてみるのも大事な事です。そのうえで、ご住職のお話を聞かれるといいと思います。

大本山墓地は抜群の安心感です

京都には、仏教各宗派の総本山・大本山・別格本山・・・その宗派の拠点となる寺院がたくさんあります。京都だけの事です。各宗派の末寺と違い、本山はその最上級地位です。この大本山の一角に、お墓があります。大本山格の寺院は、会社組織で例えたら、本社みたいなものです。各宗派の末寺のように、廃寺する事はありません。だから、お墓の永続性では、公営墓地を抜いて、ダントツの安心感のあるお墓です。

大本山にある墓地、多くの方には手が出ない。そんなイメージですね。でも、うまく探せれば、大本山墓地も求める事ができます。また大本山直営ではありませんが、大本山の院内塔頭に、お墓がたくさんあります。院内塔頭も、市中の末寺に比べると安心感は大きいです。興味のある方は問合せしてみて下さい。宗派別にいうと、浄土宗・真言宗・日蓮宗・臨済宗・黄檗宗です。浄土真宗は、京都には大谷本廟・祖廟があります。

キリスト教徒・神道信者様はお墓探しが大変

もともと、キリスト教・神道には、没後の世界感がありません。死んじゃうと、神に召される・天国に召される・・・そんな事を教えます。結果、キリスト教徒・神道信者様には、教団が準備するお墓がなかったのです。もともと、村墓地以外は、仏教寺院がお墓を管理してきました。宗旨の違う神道・キリスト教は受け入れてもらえなかったんですね。

近年になって、石材店資本の大型霊園ができて、神道・キリスト教の信者様が、こぞって、お墓を求められました。もともと、寺院墓地や、寺院が管理している墓地は、宗派(仏教の派閥)は、違っても、在来仏教ならば大丈夫です。でも、宗旨の違いとなる、ご住職は、敬遠されます。キリスト教の信者様のお墓で、仏教のお経は読めないですよね。

また、寺院内のお墓で、讃美歌が歌われたり、神道の祝詞が聞こえてきたら、大変ですよね。ちなみに、京都天が瀬メモリアル公園では宗旨も宗派も問いません。多くのキリスト教徒様も利用されておられます。

お気軽にお問い合わせください。0120-482-038シバフレイエンサンパイ

お問い合わせ