手元供養の事を詳しく説明します

従来からの家での供養は、仏壇での位牌供養でした。しかし位牌も仏壇も、次の承継者ありきの話です。そんな状況で、認知され始めてるのが手元供養です。仏壇・位牌を一切もらわず、愛しい方の遺骨の一部を、手元において供養する事を言います。

手元供養と宗教上の教えですか?

手元供養は、宗教上の教えは一切、ありません。ですから、仏壇・仏具・戒名・お性根入れ・・・など、不要です。納骨の現場で、遺骨を骨壺から布の袋に移します。その時に、遺骨の一部を待ち帰る方がおられます。その時に、職員が問いただします。「分骨ですか?他の施設の納められる場合、分骨証明書を発行しないと、他の施設に納める事はできません。「いいえ、寂しいから、家に置いておくだけです・・・」そんなお気持ちが、手元供養の本質です。お墓に入れてお別れするのが寂しい。でも、遺骨をずーっと家に置くと親戚から、「いつまで家に置くの?」仕方なく納骨をするのですが、やはり寂しい。ならば、手元供養が相応しいと思います。位牌とは違い、愛しい方の一部を家で供養するわけです。

手元供養の種類が増えてきました

手元供養も認知度が上がり、販売業者も増えました。結果、種類も増えました。大きな分類は2つです。いつも持ち運べるようにとペンダント型。後は、家において、お花を添えて、飾るタイプのもの。ペンダント型は大半が金属製品です。しかし、家に置くタイプのものは様々な素材でできるようになりました。ガラス・陶器・木製・石製・・・その他、多く用意されています。しかし、おすすめは木製の手元供養です。

木製の手元供養品がよい理由

数多くある手元供養品ですが、引き取った遺骨、最後はどうするかご存知ですか?証明書のない遺骨の一部は、どこにも、納骨ができない。ましてや捨てる事もできない。一番、ダメな事は、次世代に渡す事です。位牌はおのずと、その運命を持っています。しかし、手元供養の場合、どうするか?

手元供養をされる時に、絶対に説明するのは。最後の処分の方法です。遺骨の一部、お墓に返せれば一番いいのですが、最も簡単なのは、身内に頼んで、自分の棺桶に入れてもらう事です。これが約束です。ならば、どうでしょう?木製の手元供養品なら、ご遺体の横にそっと、入れてあげられますね。ガラス製や陶器製は、オブジェから、遺骨を取り出す事になります。おっくうな事です。

人気は木製・手元供養のお地蔵様

発売されてから、結構、人気があります。やはり、木製という事で、穏やかなぬくもり感もありますし、最後の処分も優しくできます。また、可愛いお地蔵様の胎内に納められた遺骨の一部も安心です。祀り方は、小さいテーブルに、手元供養の地蔵様と、故人の写真と、お花があれば、手を合わせる気持ちになります。仏壇の3具足も要りません。すべては、あなたが、手を合わせる場所ができれば完了です。従来のように仏壇がなければ、供養できない。そんな事はありません。

木製・手元供養のお地蔵様はいくらですか?どこで買えますか?

この手元供養のお地蔵様は、受注発注になります。光明寺参事:村上が窓口をしております。
大(12cm)は6万円です。胎内に遺骨を納めるところがあり、後ろには、故人様の戒名・俗名・没年月日・享年を彫刻できます。

小(携帯用・8cm)は1万円です。どこにもおいておく事ができます。職場のパソコンの横においても、何か気づかれません。お地蔵様のお顔が故人に見えて、仕事の疲れを取ってくれます。

お気軽にお問い合わせください。0120-482-038シバフレイエンサンパイ

お問い合わせ