京都天が瀬メモリアル公園は寺院主催の霊園

京都天が瀬メモリアル公園は、京都府南部・宇治市。世界遺産の宇治平等院から、車で5分の所、天ケ瀬という地にあります。

当園は、浄土真宗東本願寺派、無量寿山光明寺という寺が運営しております。光明寺は、本坊が岐阜市にあり、後、千葉市・東京都新宿・東京都町家・京都市左京区・沖縄に別院を置く寺院です。千葉光明寺には法要に相応しい八角堂・新宿・町家では自動搬送式納骨堂・京都は瑠璃光院・沖縄は琉球職名院。

京都天が瀬メモリアル公園は京都で霊園墓地を運営しています。

京都天が瀬メモリアル公園は寺院主催の霊園

芝生の墓所と樹木葬

メモリアル公園は、開園2005年に公開されました。総面積の9割、芝生の墓所です。当初、洋風墓石と和風墓石と合祀のお墓だけでした。

5年後、樹木葬プランが立ち上がりました。桜下庭園樹木葬といって、2人まで一緒に入れる樹木葬です。これが、多くのお客様に受け入れられました。多くの墓檀家様をお迎えして、現在では、樹木葬の墓所数6000を超えています。2018年に、本堂ができ、お寺として、全てのお供養ができるようになりました。葬儀も納骨もお供養も、全て執り行えるようになりました。

京都天が瀬メモリアル公園芝生の墓所と樹木葬

永代供養は当たり前

永代供養という言葉、お墓を求める時に、よく聞かれますね。永代供養の意味、ご存知ですか?永代供養という言葉ほど、様々に解釈されるものはありません。もともとは、寺が檀家様に変わって、寺がある限り、お経を呼んであげるよ。そんな話です。なので、これが永代供養のお勤めだと決められるものはありません。ただし、永代供養墓になると、意味合いがはっきりします。これは、永代供養の読経が約束されたお墓の事を言います。つまり、寺にある、様々なお墓・供養塔・樹木葬は永代供養墓と言えます。公営墓地や村の共同墓地、民間資本の大型霊園にある墓地、永代供養墓と呼ぶのは少し、無理があります。

墓参には無料送迎バス

京都天が瀬メモリアル公園は宇治斎場のすぐそばにあります。天ケ瀬ダムの近くです。残念ながら、公営のバスは無いので、墓参用の無料送迎バスが動いています。土曜日・日曜日・祝日・お彼岸・お盆・正月・GWと動いています。お迎えは、JR宇治駅・京阪宇治駅・近鉄小倉駅です。時刻表を参考して下さい。

(時刻表の画像)

年中、花がいっぱい


京都天が瀬メモリアル公園、冬がおわり、春を迎えると、お花だらけになります。季節をめぐって、順番に花が咲いて行きます。3月から、正面階段わきには、雪柳・レンギョ・萩・さつき。桜下庭園樹木葬エリアでは、3・4月の桜は立派です。しだれ桜とソメイヨシノ、終われば芝桜が咲きます。

桜が全て終わると、少し遅れて、アジサイが咲き始めます。その頃には芝生で緑いっぱいになります。モニュメントの前にはハスが咲きます。秋は趣向を変えて花手水と、年中、墓参の方を優しく迎えてくれます。

天ケ瀬メモリアル公園の桜
天ケ瀬メモリアル公園のアジサイ
天ケ瀬メモリアル公園の蓮
天ケ瀬メモリアル公園の芝生

お申込みに、宗旨・宗派を問いません

一般的な寺院墓地は、檀家条件が多いです。なので、寺の宗派になじむ必要があります。宗派問わずという寺院墓地もあります。宗派とは仏教の派閥の事。ですから、宗旨、キリスト教・神道様は利用できません。京都天が瀬メモリアル公園は宗旨・宗派を問いません。改宗の強制もありません。お世話になっておられるお寺様の法要時の同伴も大丈夫です。また、真宗以外の信徒様には、他宗の僧侶の手配もできます。キリスト教徒様も神道様も、たくさん、ご利用されています。

葬儀・法要・お供養、全てできます

京都天が瀬メモリアル公園は光明寺の宗教施設ですから、お供養に関わる事は全てできます。葬儀は家族葬から、1人葬まで。全て読経のついた葬儀プランです。事前に、葬儀代金を全額、お寺が預かる事もできます。また、法要についても全てできます。追善供養である故人様の49日法要・一周忌・三回忌と全て、承ります。墓前でのお勤め・永代供養もできます。お彼岸・お盆・4月8日の花祭り、全て執り行っています。

京都天ケ瀬メモリアル公園へのアクセス

  • 所在地:〒611-0021 京都府宇治市宇治金井戸8-1
  • 京阪宇治駅・JR宇治駅からお車で約10分

お気軽にお問い合わせください。0120-482-038シバフレイエンサンパイ

お問い合わせ