お墓・葬送にまつわる事

長男が地元にいない

近年、長男が地元にいる例は、少なくなってきました。全国規模の企業に就職された男の子は、どこに行くか判らない、そんな事、いつも聞きます。もともと、長男は地元にいて、親の世帯を見守る。そんな時代が続きました。でも今は違います。また、地方から出てきて、都会住まいのご家庭も多いです。でも気になるのは、田舎にある先祖代々からのお墓。年に一度は、帰りたいけれど・・・遠方のため、簡単に行けない。そんな方が、お墓を片付けて、遺骨を移して、新たな供養を始められます。

近年、お墓の引っ越しが増えています

お墓の引っ越しができます。今、住んでいる所から、離れたところにあるお墓、引っ越しができます。また、先祖がたくさん入っている家族の立派なお墓から、両親だけを出す事もできます。お墓の引っ越しについては、墓石すべてと、遺骨を引っ越す事もできます。高級石材で作った先祖のの墓石、捨てる事はありません。引っ越しをすればいいわけです。

ただ、新しい墓地に、その墓石が設置できるか?宗派の問題で許可が降りるか?また、古い墓石の移動時に、痛む事もしばしば。長い間、風雨にさらされているから、危険はあります。以上の事を踏まえて、墓石の引っ越しを考えましょう。また、もっと簡単に引っ越しをする事もできます。先祖が守ってきたお墓は、家のシンボルです。捨てるには忍びない。そんな時は、お墓の仏石(家名・題目の入った、一番上の石)だけを、新墓所に移される方もおられます。

墓じまいを動画で案内しています

改葬は、先祖の遺骨を、新しい墓所に移す事を言います。新しい墓所に、お骨を納める時、お骨の証明が必要です。それが改葬許可証と呼ばれる書類になります。これは旧墓地のある所の役所から発行されます。手順を踏めば、難しい事ではありません。墓じまい・改葬については、動画も掲載しております(りんく)、また「墓じまいの教本」という、小冊子を差し上げいます。問合せ下さい。

墓じまいは少しの気遣いでスムーズにできます。遺骨を取り出して、お墓を処分する事を墓じまいと言います。墓じまいは、お世話になっている墓地の運営者の違いで、気遣う点が違います。公営墓地・民間の大型霊園・村墓地は比較的、簡単です。気を付けるのはお寺の中のお墓です。気遣いする事がたくさんあります。やり方を間違えるとできなくなります。問合せしてみてください。経験から、しっかりと説明いたします。

また、墓じまいに関わる料金もバラバラです。処分代金を相みつできる状態であれば、安くできます。しかし、霊園の指定石材店しか依頼できない場合、高くなる傾向があります。京都天が瀬メモリアル公園のお客様も、墓じまいをされて、永代供養墓に納める方が多いです。せめて、両親だけはちゃんと名前の残るお墓にしてあげよう。そんな方は桜下庭園樹木葬をお求めです。

散骨は生前の手配が大事

散骨は、現在の墓地埋葬法で範疇に入らないため、節度ある散骨は認められています。この節度ある散骨が解釈しにくい所です。まずは、散骨場所の問題。散骨はどこでもできる訳ではありません。ここ30年、散骨が認知され始めてから、各自治体での迷惑禁止条例に抵触する案件がたくさんありました。

まずは風光明媚な山上から散骨する行為。これは、各自治体が規制しています。やはり人様の遺骨を、皆様の頭の上からまき散らすという行為がだめなんですね。例えば、お身内の遺骨は大事に扱われます。しかし、お庭から誰のか判らない遺骨が出てきたらどうでしょうか?宗教者を呼んで、お祓いしてもらいますね。この行為と一緒です。だから山上からの散骨はできません。

地上での散骨はもう無理、海洋散骨のみが許されます。地上散骨にはいくつかの例があります。関東圏のある地区に、散骨場が出来かけました。墓地を作るのには、墓地埋葬法に基づく墓地申請が必要です。この散骨場は、墓地埋葬法に抵触しないといういい訳で、作られたのですが、地域の風評被害が出るとの事で営業停止が強制されました。陸上での散骨は島根県沖にある小さな小島しか無いと、思われます

つまり、散骨は最も川下の海洋散骨しかありません。近隣の海ではだめなんですね、近隣の海には漁業権があるから。景色のいい、近隣の海は、いい漁場でもあります。漁業関係者からのクレームが出ています。だから、もはや、沖に出て、海洋散骨しか無いのです。

費用は、遺族と一緒に海洋に出て行って、遺族の前で、儀式と一緒に散骨する。これは、数十万円かかります。また、散骨を業者に委託する場合、比較的、安いです。いずれにしよ、自分の骨なんか、そこらに撒いてくれたらいいよ・・・。そんな、軽い言葉が、遺族に負担を残します。散骨が本当に希望であれば、事前に手配して、自分が死んだら、この業者を使って、この金額を払って、散骨をして下さい。そんな遺言を残してあげると、遺族は安心されます。自分の遺骨の事、近い身内以外の誰かに託すのであれば、散骨は全て、事前に手配しておく事をお勧めします。

収骨拒否ならお墓は要らない

最近、収骨拒否が増えています。遺骨は必ず拾わなければならない事はありません。関東圏の斎場では1割ぐらいの比率であるとか。この収骨拒否は、亡くなった方の、生前中の人関係で決まるようです。死亡届に届人の蘭があります。大半は、同居の親族・非同居の親族・同居者です。後、後見人・保佐人などもあります。中に、家主・地主・家屋管理人・土地管理人があります。そのような関係性の薄い方が、届出人になられた時、収骨されるでしょうか?

近年、お一人様が増えています。例えば、お一人様が亡くなられた時、誰が収骨してくれますか?人間関係の疎遠な方は、誰が収骨してくれるのでしょうか?少なくとも、お身内がおられて、事前に手配されている方は、安心です。ちゃんと収骨されて、立派では無いけれど、ちゃんとお祀りされると思います。しかし、お身内でも、お世話になられる他人様でも、故人様の収骨をすると、遺骨を供養する場所が必要になります。これは、必ず、金銭が必要になります。遺骨は、その辺の捨てる事はできません。縁者様が、遺骨を拾わないで、「そちらで処分して下さい」・・・そんな収骨拒否が増えている事も事実です。寂しい話ですが、実際に起こっている事なので、仕方ありません。

収骨してもらえないあなたに「一人葬」のプラン

前述のように、第三者に収骨をしてもらえない。ほんと寂しい事です。ならば、お寺の力を借りませんか?京都天が瀬メモリアル公園には、おひとり様ように、「ひとり葬」という供養のプランがあります。事前に申し込んで頂いて、金銭も預からせていただいて、いざという時、納骨まで、全て承ります。ご自身で、自分が納められる樹木葬を手配して、「ひとり葬」を申し込んで下さい。

ご逝去されたら、お寺が全部、責任もって、火葬・収骨・骨葬・納骨・永代供養までしてくれるプランです。収骨拒否は、ほんと辛い事です。お寺の仕事は、お経を詠むだけではありません。収骨もしてもらえない方のために、安心できる葬送を提案するのも仕事です。

お気軽にお問い合わせください。0120-482-038シバフレイエンサンパイ

お問い合わせ