お墓を買う。素朴な疑問に答えます。公営墓地の事をもう少し深く。

公営墓地とは、市町村などの自治体が管理する墓地という事は前回、説明しました。もう少し詳しく説明すると、母体が自治体ですから、他の霊園に比べて、大きな安心感があります。永続性が保証されています。家族のお墓にはほんと相応しいです。

また、管理・運営が計画的に行われています。墓地の販売と管理費の入金管理です。霊園は墓所を売り切ってしまうと、管理費しか、固定の入金がありません。ですから、売り切った後を見据えて、確実な管理体制を取っています。ただし、公共機関ですから、お墓につきものの、宗教には一切、関与しないです。ある意味、将来に渡って、宗教的な制約を受ける事はありません。しかし、先祖を祀るという意味から考えて、やはり、お寺とご縁がある方がいい方は、自分で探す必要があります。菩提寺があればいいのですが、多くが、葬儀の時にお世話になる葬儀導師様にお世話になられます。そうすれば、お祀り事の問題は解決します。ですから、神道・キリスト教徒様は、公営墓地が相応しいですね。

また、その地区での居住年数とか申し込みの資格条件が厳しいです。もともと、公園墓地は比較的安く設定されており、管理費も安くて人気があります。その為、抽選になっています。競争率も高く、なかなか当たらないというのが通常です。希望した時に、確実に購入できるとは限らないのです。希望者は注意が必要です。

京都天が瀬メモリアル公園 光明寺参事 村上が案内します。お墓の事、供養の事、葬儀の事・・・。

宗教法人参事・終活カウンセラー・相続診断士・認知症サポーターの立場で説明いたします