京都型八寸墓石
京都型八寸墓石

このお墓、「倶会一処」と彫刻してあります。「倶会一処って何ですか?」「何の意味ですか」・・・当然ですよね。

倶会一処は「くえいっしょ」と読みます。浄土系(浄土真宗・浄土宗)の教義にあります。難しくは往生の利益の一つとあります。簡単に説明すると、今は寂しいお別れをしますが、またいつか、お浄土(天国)でお会いできますよ。先にお浄土に行って、往生している先祖たちと、同じ浄土で往生させていただきますよ。そんな意味です。

倶会一処は浄土真宗のお墓に行くと、よく見受けられます。よく、南無阿弥陀仏というお題目を彫刻する家も多いですが、倶会一処もあります。ご僧侶曰く、この言葉は、仏教の神髄で、南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経のようなお念仏・お経よりも大事な言葉らしいです。家族のつながりが感じる言葉です。もう少し、仏教的に掘り下げると、浄土の仏・菩薩たちと一処で出会うことができるという意味です。洋風のお墓や無宗教の方のお墓では、「絆」になるのでしょか

洋風墓碑 絆

京都天が瀬メモリアル公園 光明寺参事 村上