市川悦子さんを偲ぶ碑
故・市原悦子さんの顕彰碑

平成16年、ここ天ヶ瀬の地に・・・・京都天が瀬メモリアル公園の最深部、京都天が瀬天女伝説の物語。それを記すために黒御影石の石碑が建立されました。六曲半双の立派な石碑です。そこでは泉のように、湧き水があり、園内を流れています。そのモニュメントの除幕にあたり、「京都天が瀬天女伝説」が高らかに披露されました。その朗読が名優の市原悦子さんにお願いしました。400人ものお客様を前で、絶妙なその語りで。お客様を魅了されました。平成16年5月8日も事です。その天女伝説はCD化され、多くの方に聴かれました。

その市原さんは平成31年1月12日に亡くなられました。この地で「京都天が瀬天女伝説」を語られたことの感激を、後世に伝えるため、この顕彰碑が建立されました

※顕彰碑(けんしょうひ)とは、個人のあまり、知られていない、功績や善行などを称えるために建てられたものを言います。後世の人々に、広く世間に、知らしめるために建てられる石碑などのことを言います。

京都天が瀬メモリアル公園の最深部。天女伝説モニュメントの横に、静かに置かれています。

京都天が瀬メモリアル公園 光明持参事 村上