春の一日

写真はお彼岸を迎える、メモリアル公園の写真です。空は快晴ですが、芝生は冬のままです。でもこの時期から春の息吹を感じます。鶯の第一声・セキレイの闊歩・桜の色づき

桜のつぼみ
色づき始めた桜のつぼみ

写真で判りますか?かなり色づいています。早ければ、来週、お彼岸明けに開花するのではないでしょうか?昨年は4/8日の釈迦降誕祭(花まつり)の日が満開でした。年によって違うもんですよね。

お彼岸には、ほんと、たくさんの人が墓参りに来られます。何故?お彼岸に墓参り?これは日本人だけらしいです。仏教の発祥の地であるインドや中国にお彼岸という行事はありません。仏教が伝わる以前からあった、日本古来の残る、先祖・両親を崇拝する信仰の名残りだそうです。

京都天が瀬メモリアル公園では、お彼岸の供養会があります。ただし、今年はコロナの影響もあり、ご案内はありません。読経は本堂になりますので。密閉空間という事で、多数の方はお招きしません。ただ、墓域(郊外)での読経があります。コロナの影響って、こんなところにも出るんですね。

京都天が瀬メモリアル公園 光明寺参事 村上