本願寺

お墓を買う時、宗旨・宗派不問?素朴な疑問に答えます。もう少し詳しく説明します。お墓を管理しているお寺・宗教法人には必ず宗旨・宗派の教えに基づいて活動しています。なかでも、宗旨とは大きく神道・仏教・キリスト教・・・のように、大きな分類ですと前回説明しました。宗派とは仏教の中での別れ(派)ですよね。墓地の説明の時、「宗旨・宗派一切不問」と「宗派不問」とは違うんですね。前者は、墓地購入前も後も、どんな宗教でもいいんです。だから宗旨は一切問わないので、キリスト教徒さんでも、神道さんでも、大丈夫です・・・そんな意味です。例えば、キリスト教徒様がお墓を立てられる時は、牧師様と一緒に讃美歌を歌われます。墓地に歌が流れます。その点、寺院墓地にある、宗派不問とは、在来仏教の宗派であれば、問題ありませんという意味です。仏教宗派に関しては不問だけど、宗旨に関しては断られる事が多いです。特に、キリスト教ですね。お寺の墓地で、讃美歌が流れると、住職、困りますよね。このキリスト教徒様は、もともと、崇拝するのは、先祖ではなく、イエス様ですので、お墓での供養という概念が薄いのかな?でも、家族のお墓が必要なので、お求めになる方も多いです。その時のお墓は、民間資本の墓地や、公営墓地が相応しいです。ちなみに京都天が瀬メモリアル公園は、宗旨・宗派不問です。

京都天が瀬メモリアル公園 光明寺参事村上が、お墓の事・供養の事・葬儀・終活と案内しています。